誰もが
誰かのライフセーバーに

Everyone can be
Someone's
Lifesaver


誰もが誰かのライフセーバーに

日本を代表するライフセーバー達を中心に創設されたESL。
「あなたは眼の前の大切な人の命を護ることができますか」。
ライフセービング活動では、救助をするということよりも事故を未然に防ぐという事がまずは大切だと教えられます。しっかりと周りの空気を感じ動向を察して事故や危険を未然に防ぐこと、救助は最終手段なのです。こうした未然に防ぐという概念でのライフセービング(人命救助)は水辺というロケーションだけではなく、一般社会のあらゆる場面でも必要とされていると感じています。ライフセービング活動を通じて培った未然に防ぐ感察力を活かして「誰もが誰かのライフセーバーに」という一般社会の日常における救助の概念を社会に拡げようと私たちは活動をはじめました。
困っている人へ、悩んでいる人へ、そっと声をかけたり、手を差し伸べたり、少しの思いやりでサポートできる機会はたくさんあるはずだと感じています。
周りを観回してみて、あなただから気づいた時に勇気をだして声をかけてみてください。
「大丈夫ですか」「いつでも相談してね」
そのひと言で救われる命があるかもしれません、そして他人に対する思いやりによって社会に貢献できている自分自身もまた救われるのだと感じています 。
「誰もが誰かのライフセーバーに」
次世代にはこの概念が浸透した思いやりに満ち溢れた素晴らしい社会になればと、私たちは願い実現するために活動をしています。「私たちは眼の前にある大切な人の命をどんな時でも護りたい」と考えています。

私たちの思い

若年者の死亡要因第1位
何年も変わらず自殺です

日本では15歳から39歳の死亡要因の1位は自殺です、これは長い間変わっておらず2017年度も5000人近い若者が自ら命を絶っています。
悩んでいる時、苦しんでいる時、誰かがそっと寄り添うことができたなら、誰かが少しでも話を聞くことができたなら、誰かが語りかけることができたなら、貴重な命のいくつかは救われるかもしれません。
次代を担う若者は社会にとっていつの時代もかけがえない貴い財産です。「悩み苦しむのは誰もが経験することだし考えが甘い」と切り捨てないでください、本人の悩みは本人にしか解決できませんし、その苦しみもまた本人にしか感じることができないものです。
「聞くことはできると思うから声をかけてね」という”誰かが私を見てくれている””誰かが私を護ってくれる””誰かが私を必要としている”と感じてもらうことで救える命もあるかもしれません。
すこしの思いやりをもって周りを観てもらえないでしょうか。
誰かがあなたの言葉を待っているかもしれません。
気づいた人がそっと手を差し伸べれる、そんな社会こそが次代に必要な社会だと感じています。

誰もが誰かのライフセーバーに

私たちの活動

学校教育への派遣 一次救命講習 着衣水泳など
対象 小学校・中学校の義務教育課程

夏季休暇前に行われる義務教育課程での水泳授業。水難を防ぐ考え方や万一巻き込まれた時の対処法を日本ライフセービング公認資格員がしっかりと指導します。技術だけではなく救命の基幹となる「誰もが誰かのライフセーバーに」という日常においても少しの思いやりで救える命があるという考え方もしっかりとお伝えします。

誰もが誰かのライフセーバーに 講演
対象 高校生や大学生の社会人予備軍 ※新卒社会人教育研修
人生のひとつの岐路というべき進学や就職の前に日本代表として世界で競技してきたライフセーバーやアスリートがどのような気持ちで挑んだのか、その過程で感じ取ったことを話させていただきます。そして「誰もが誰かのライフセーバーに」という社会に貢献するというひとつの考え方もお話させていただきます。
交流会 セミナー
対象 学生から社会人まで全般
不定期ですが「誰もが誰かのライフセーバーに」という考えの基に情報交換や懇親を兼ねた交流会を開催します。毎回ゲストスピーカーも招請し、その発表を基にそれぞれの立場でそれぞれの考えを発表しながら、より豊かな社会を実現できるようみなで共有していきます。
スポーツツーリズム
対象 特に規定なし
豊かな自然の残る海浜にてライフセービング競技でもあるビーチフラッグスやパドルボートを使って楽しく体験していただきます。ライフセービング”人を助ける”とはとても格好がいいことなんだ、ヒーローなんだとということをイベントを通じて体感いただき、ライフセービング活動の理解を促します。
イベント活動
対象 特に規定なし
豊かな自然の残る海浜にてライフセービング競技でもあるビーチフラッグスやパドルボートを使って楽しく体験していただきます。ライフセービング”人を助ける”とはとても格好がいいことなんだ、ヒーローなんだとということをイベントを通じて体感いただき、ライフセービング活動の理解を促します。

誰もが誰かのライフセーバーに 創設メンバー

和田 賢一

ライフセーバー
ESL団体発起人
ライフセービング活動や競技を通じて得た知見を活かし淡路島の地域活性化にも注力中

座右の銘 失敗を恐れず一歩を踏み出したその先に人生の醍醐味が待っている

中村 美穂
トライアスリート兼コーチ
元水泳ジュニアオリンピックチャンピオン 現役トライアスリートであり600名強のトライアスロンチームの主宰兼コーチ

座右の銘 FLOW 私が笑えばあなたも笑う あなたが笑えば私も笑う
西山 俊
ライフセービング日本代表
オーシャンマン競技を3連覇するなど誰もが認めるキングオブライフセーバー 湯河原を拠点に後進の育成指導も行っています

座右の銘 自分にしかない人生を生きる

上村 真央
オーシャンアスリート
MOLOKAI2OAHUの53㎞を自力パドルで漕破したり日本中の海を繋げれるようオーシャンノマドライフを実践しています

座右の銘 歩んだ道に誇りをもって、選んだ道に勇気と自信をもって
廣田 諒 
ライフセービング日本代表
自身の夢を育みつつ競技と社会人としてのデュアルライフを実践中 若さと情熱そしてプロデュース能力にも卓越したものがあります

座右の銘 一生懸命

廣田 諒 
ライフセービング日本代表
自身の夢を育みつつ競技と社会人としてのデュアルライフを実践中 若さと情熱そしてプロデュース能力にも卓越したものがあります

座右の銘 一生懸命

活動支援について

賛助会員特典

◇ オリジナルブレスレット進呈 個人1個 法人/団体10個
◇ 支援会員さまへの定期活動報告 四半期報告

◇ 年次活動報告交流会への優先参加権 参加費別途要
◇主催イベントの優先参加権


活動のご支援お願いします

「誰もが誰かのライフセーバーに」の活動は営利目的で行われているサービス事業ではありません。私たちの活動や競技を通じて培った「誰もが誰かのライフセーバーに」という理念を拡め、より豊かな次代を創るための社会活動となります。
趣旨にご理解をいただけるならば是非私たちの活動をご支援ください。

個人賛助会員
  • 支援費
  • 5,000
  • (税別)
法人・団体賛助会員
  • 支援費
  • 50,000
  • (税別)
法人・団体賛助会員
  • 支援費
  • 50,000
  • (税別)

寄付について

活動理念にご理解をいただきご寄付をいただけますみなさまは
下記口座へ任意の金額を直接お振込みをお願い致します
現在準備中



サポートグッズ
ご購入いただき身に着けることで活動支援につながります

オリジナル 珊瑚ブレスレット
NPO喜界島サンゴ礁科学研究所コラボレーション

理念に共感いただいた方々に身に着けて欲しい珊瑚素材のブレスレットです。このブレスレットは喜界島サンゴ礁研究所のプロデュース商品で「サンゴが見護ってきた地球」がテーマです。サンゴは約5億3000万年前から地球の変遷を見てきています、そして現代では美しい海の象徴として、また酸素を発生する生物として私たちを護ってくれています。

  • 販売価格
  • 2,500
  • (税/送料別)

藍染 オリジナルTシャツ

日本の伝統染色である藍染めのTシャツです。日本の大切な文化を護っていくこともまた当プロジェクトの使命だと感じています。
サイズはMENSがM/Lの2サイズ展開、WOMENSもM/Lの2サイズ展開となります。MENSとWOMENSはボディのフォルムが変わりますのでご注意ください。

  • 販売価格
  • 4,000
  • (税/送料別)

藍染 オリジナルTシャツ

日本の伝統染色である藍染めのTシャツです。日本の大切な文化を護っていくこともまた当プロジェクトの使命だと感じています。
サイズはMENSがM/Lの2サイズ展開、WOMENSもM/Lの2サイズ展開となります。MENSとWOMENSはボディのフォルムが変わりますのでご注意ください。

  • 販売価格
  • 4,000
  • (税/送料別)

活動についてのお問合せやご意見

活動についてのお問合せやご意見は下記フォームに必要事項を記入のうえ送信ください。
内容を確認した後(祝休日除く)2日以内に返信させていただきます。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送 信

アドバイザーのご紹介

顧問 立石 琢雄

「誰もが誰かのライフセーバーに」という社会活動を通じて、人々が生きることの本質を追求し、それぞれが主体性を認め合い、そして助け合う。こうした社会の実現に向けて、少しでも貢献できればと考えています。

座右の銘 幸せの種を撒く

顧問 加藤 克巳

どなたでも「眼の前にある大切な人の命をどんな時でも護りたい」と考えていると思います。しかし、それが他人事から現実になった時に勇気を持って行動できるでしょうか?一人でも多くの方が「誰かのライフセーバー」になれるよう支援したいと考えています。

座右の銘 足下を掘れ、そこに泉あり

顧問 武市 晴樹

児童書の出版を通じ、子どもは自己の存在や行いが他者に受容される事により、生きる力を増すのだと日々実感しています。「誰もが誰かのライフセーバーに」日本を代表するオーシャンアスリートたちが、未来を担う子どもたちに勇気を与えてくれます。

座右の銘 七転び八起き

財務顧問 由比 茜

ヒトは独りでは生きられない弱い生き物ですが、現代社会はますます他者との繋がりを希薄にしています。ヒトとヒトとのつながりを深め、今ある命、これから生まれてくる命が、少しでも幸せになるように、お手伝いできたらと考えています。

座右の銘 面白がって生きていく

顧問 加藤 克巳

どなたでも「眼の前にある大切な人の命をどんな時でも護りたい」と考えていると思います。しかし、それが他人事から現実になった時に勇気を持って行動できるでしょうか?一人でも多くの方が「誰かのライフセーバー」になれるよう支援したいと考えています。

座右の銘 足下を掘れ、そこに泉あり

ご協力いただいている法人・団体のみなさま

ImpressionWareHouse
MoringaHealthCare
至光社
喜界島サンゴ礁科学研究所
至光社

活動団体概要

名称
誰もが誰かのライフセーバーに 
※法人格取得準備中
所在地
兵庫県西宮市豊楽町11-22-203
インプレッションウエアハウス オフィス内
連絡先
TEL 0798-75-1807 IWH兼用
information@lifesaver.love
協力企業
インプレッションウエアハウスLLC
協力企業
インプレッションウエアハウスLLC