誰もが誰かの
ライフセーバーに

Everyone can be
Someone's
Lifesaver

誰もが誰かのライフセーバーに

「あなたは眼の前の大切な人の命を護ることができますか」。
サーフライフセービング活動では、救助をするということよりも事故を未然に防ぐという事がまずは大切だと教えられます。しっかりと周りの空気を感じ動向を察して事故や危険を未然に防ぐこと、救助は選択肢のなくなった最終手段なのです。
こうした未然に防ぐという概念でのライフセービング(人命救助)は、水辺というロケーションだけではなく、一般社会のあらゆる場面でも必要とされていると感じています。ライフセービング活動を通じて培った未然に防ぐ感察力を活かして「誰もが誰かのライフセーバーに」という一般社会の日常における救助の概念を社会に拡げようと活動をはじめました。
困っている人へ、悩んでいる人へ、そっと声をかけたり、手を差し伸べたり、少しの思いやりでサポートできる機会は、日常の中にこそたくさんあるはずだと感じています。
周りを観まわしてみて、あなただから気づいた時に勇気をだして声をかけてみてください。「大丈夫ですか」「いつでも相談してね」そのひと言で救われる命があるかもしれません、そして他人に対する思いやりによって社会に貢献できている自分自身もまた救われるのだと感じています 。
「誰もが誰かのライフセーバーに」
次世代にはこの概念が浸透した思いやりに満ち溢れた素晴らしい社会になればと、私たちは願い実現するために活動をしています。「私たちは周りにある大切な人の命をどんな時でも護りたい」と考えています。

私たちの思い

若年者の死亡要因第1位
何年も変わらず自殺です
日本では15歳から39歳の死亡要因の1位は自殺です、これは長い間変わっておらず2017年度も5000人近い若者が自ら命を絶っています。
悩んでいる時、苦しんでいる時、誰かがそっと寄り添うことができたなら、誰かが少しでも話を聞くことができたなら、誰かが語りかけることができたなら、貴重な命のいくつかは救われるかもしれません。
次代を担う若者は社会にとっていつの時代もかけがえない貴い財産です。「悩み苦しむのは誰もが経験することだし考えが甘い」と切り捨てないでください、本人の悩みは本人にしか解決できませんし、その苦しみもまた本人にしか感じることができないものです。
「聞くことはできると思うから声をかけてね」という”誰かが私を見てくれている””誰かが私を護ってくれる””誰かが私を必要としている”と感じてもらうことで手助けになるかもしれません。
すこしの”思いやり”をもって周りを観てもらえないでしょうか。
誰かがあなたの言葉を待っているかもしれません。
気づいた人がそっと手を差し伸べれる、お互いに助け合える社会こそが次代に必要な社会だと感じています。

誰かのためでなく自分のためにも
行ってみませんか

まずは朝しっかりと挨拶をしよう「おはよう」
いつもきちんと感謝を伝えよう「ありがとう」
明るい人に希望を感じココロを開くから笑顔でいよう「スマイル」
弱っている時や悩んでいる時に必要なのは時間だから「いそがない」
しっかりと手を握って温かいエネルギーを伝えよう「スキンシップ/shakehands」

朝陽は心身の整調に大切な働きをしています、だから「おはよう」と声をかけてみましょう、相手の反応を求めるのでなく、まずは毎日、毎朝、自分の気持ちを整えるために。
ちょっとしたことでも感謝を伝えるようにしましょう。ありがとうと言われて不快になることはありません、すれ違う時やエレベーターなどに乗り合わせた時、ちょっとした譲り合いの連続にきっと気づくはずです。
できるかぎり「笑顔」でいれるといいですね。明るくつとめることで、周りの人はきっとココロを開きやすくなるのではないでしょうか。あなたになら話してもいいかなと。
「急がない」でください、自分のペースでなく相手のペースで動き始めるまでゆっくりと。弱っている時や悩んでいる時に、時間は大きな働きをしてくれます。
握手やハグ、存在を具体的に確かめられる「スキンシップ」はとても温かなコミュニケーション、会った時や別れる時に握手する習慣をつけてみませんか。
いきなりこれらの全てができるわけではありません、いつもできることでもありません。まずは心がけるだけでいいのです、気持ちがノッているときだけでもいいのです,もちろんひとつだけでも構いません。
私たちは「誰もが誰かのライフセーバーに」の互助社会の実現に向けて、まずは誰もができるこのアクションを拡めていきたいと考えています。人がココロを開いてくれるかもしれないという行動を起こすことで、自分もまた社会に居場所を見つけることができるのだと考えています。

私たちの活動

定例報告会 縁日
毎月8日に会員の方々との定例会合を開催しています
毎月8日「誰もが誰かのライフセーバーに」の定例会合を開催し活動報告を行っています。その際にショートセミナーも行っており、その発表を基にそれぞれの立場でそれぞれの考えを交換しながら、より豊かな社会を実現できるよう共有していきます。※定例会合参加には賛助会員及び会員のご紹介が必要です。
講演・セミナー
対象 学校/自治体/民間企業や団体など
「誰もが誰かのライフセーバーに」という互助社会の実現についてお話させていただきます。これからの時代にこそ必要な「少しの心遣い」それは難しいことでなく、あたりまえに毎日行えることの積み重ね。他人を救うとは自分の存在価値を確認できることでもあり、他人を思いやることで連鎖が生まれています。
シーズンレターの配信
対象 ご登録いただく全ての方へ
「誰もが誰かのライフセーバーに」の活動報告や社会トピックスなどを編集したオンラインメールです。会員やご登録いただいた方に四半期ごとに無料配信させていただきます。お気軽にご登録ください。
祭事 サンゴの唄が聴こえる
5億3千年前から地球に生息している珊瑚。この珊瑚の化石や生態を研究し次代への環境提言も行っているNPO喜界島サンゴ礁科学研究所。この研究所所在地である喜界島において5月15日に「珊瑚の唄が聴こえる」という屋外ライブイベントを開催しています。このイベント及び珊瑚を通じて環境共生について発信しています。自然や生物を知ることでまた人というものも知ることができると考えています。
なにかお悩みがあれば聞かせてください

誰もが誰かのライフセーバーに

活動支援について 準備中

賛助会員特典

◇ 支援会員さまへの定期活動報告 四半期報告
◇ 年次活動報告交流会への優先参加権
◇ 主催イベントの優先参加権
 喜界島「珊瑚の唄が聴こえる」など


活動のご支援お願いします

「誰もが誰かのライフセーバーに」の活動は営利目的で行われているサービス事業ではありません。「誰もが誰かのライフセーバーに」という理念を拡め、より豊かな次代を創るための社会活動となります。
趣旨にご理解をいただけるならば是非私たちの活動をご支援ください。

個人賛助会員
  • 支援費
  • 6,000
  • (税込)
法人・団体賛助会員
  • 支援費
  • 60,000
  • (税込)
法人・団体賛助会員
  • 支援費
  • 60,000
  • (税込)

寄付について

活動理念にご理解をいただきご寄付をいただけますみなさまは
下記口座へ任意の金額を直接お振込みをお願い致します
現在準備中



サポートグッズ

オリジナル コンセプトTシャツ ¥◯◯◯◯
オーガニックコットン100%
「誰もが誰かのライフセーバーに」の理念を表現したオリジナルTシャツです。ボディサイズは別表を確認のうえご購入ください。
※ご購入後のサイズ変更は在庫の関係で承れない場合があります
※ご購入後のサイズ変更等自己都合による返品・交換の送料はご負担お願い致します
※在庫限りでの販売となりますことご了承ください

活動についてのお問合せやご意見

活動についてのお問合せやご意見は下記フォームに必要事項を記入のうえ送信ください。
内容を確認した後(祝休日除く)2日以内に返信させていただきます。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
送信したメールアドレスでお知らせ配信に登録する
送 信

活動団体概要

名称
一般社団法人
誰もが誰かのライフセーバーに 
※2019年8月8日設立
所在地
東京都渋谷区恵比寿
連絡先
TEL 046-876-5918 NCM兼用
information@lifesaver.love
協力企業
協力企業